2014年中途入社 ハローケア アシスタントマネージャー職 Ega

学生時代のわたし

サッカー部で培った執着心。

学生時代は小中高とサッカー部に所属していました。環境に恵まれ、成績も良かったため、どんどん成果に対して欲張りになりました。
サッカーで育まれた成果への執着心は、仕事の目標達成への責任感にも結びついているように思います。
また、サッカーをしていたときPDCAサイクルを意識して練習に取り組むことがクセになっていたため、仕事にも役立っています。

Q.仕事のやりがいを教えてください。

アシスタントマネージャーとしての
仕事とやりがい

アシスタントマネージャーの仕事は、ユニット全体の運営責任者です。
具体的な業務としては、通常活動が適切に行われているかの管理はもちろん、紹介業としてのサービスメニューの開発、研修制度の設計と計画的なメンバーの教育・指導など、全体の仕組みづくりを仕事の中心として意識しています。
メンバーの教育・指導面で心掛けていることは、相手の目線に視点を合わせて話をすることです。
また、新入社員研修の効率化と良質化を図り、新入社員がより早く一人前に成長できるよう取り組んでいます。
そして試行錯誤しながら指導した若手社員が、自力で契約を取ってきたときや目標を達成したときは、教えた側として「よくやったな!」と誇らしい気持ちになります。
アシスタントマネージャーは、サービスメニューの開発を行うこともあります。
今のサービスをより良くすること、さらに付加価値を付けること、新たな需要を掴み、さらに便利な新しいサービスを生み出せないかを常に考えています。
昨年と今、そして来年、同じことをやっていては発展性が無く淘汰されてしまいます。
今までたくさんのチャレンジングな経験をさせてもらいました。
大変な部分もありますが、良い経験を積むことができました。
ケアシステムは、やりたいことがあればチャレンジさせてくれる会社です。
そして、やればやった分だけ評価してくれるので、やりがいにも繋がります。

Q.新入社員に伝えたいことはありますか?

最初だからこそできる経験がある。

私が社会人として大事だと思うことは3つ。
“自分で考えること”“チャレンジすること”“自身の行動を振り返ること”。
自分が出来ていること、出来ていないことは自分が一番分かっているはず。
私自身、成果を出す上で、まずはチャレンジして、活動を振り返り、次ぎに活かすというサイクルを継続しています。
特に若い皆さんには、最初のうちだからこそ経験できることが必ずあるので、どんどん積極的に“チャレンジすること”を実行して欲しいと思います。

Q.ケアシステムはどんな会社ですか?

分け隔てがないのがケアシステム。

ケアシステムで私は自由に活動させてもらえていると感じています。
急成長中の会社なので、新しいことばかりです。
時には慣れずに右往左往することもありますが、分け隔てがないところがケアシステムのいいところだと思います。
事務所には社長室などはなく、社長と社員の距離も近いです。
また、机はフリーアドレスなので、日によっていろんな人と接点が取れます。

SCHEDULE

  • 出社・準備
  • 新入社員研修
  • お問い合わせに対応
  • お昼休憩
  • 広報活動
  • メンバー育成
  • 経営会議
  • 営業日報の作成
  • 退社